女性と会話が弾むコツ

男性の中には、口下手だし、顔もよくないし、女性との会話で面白いことを言って盛り上げようとしても、面白いことなんて言えないし・・・・・。このような女性との会話が苦手という男性がけっこういます。

「会話テクニック」が無くても、「女性の心の動き」つまり「女性心理」に配慮して会話をすれば、口下手でも、恋愛経験が無くても、女性と楽しく会話ができます。

1. ごく普通の日常会話でお互いを知る
普通の日常会話をとおして、お互いの好みや価値観の共通点・違いを知ることで、相手との関係を深めていくとよいです。
―例えばー
・友達はあなたのこと何て呼んでますか「・・・私も同じように呼んでいいですか?」
・料理を前にして、「好きな食べ物は」・・・・・
・最近の誰もが知っている「ニュースや流行」の話題
・出身はどこですか?・・地元の話題
・「趣味や楽しみ」の話題
・休みの日はどのように過ごしてます?

以上のような、たわいもない会話からお互いを知るようにすれば気持ち的に楽ではないでしょうか。

2. 女性が会話に求めていること
女性が会話に求めていることは
・「共感」してくれること
・「面白い話」でなく「楽しい会話

女性は常に「第一に共感」を求めます。具体的な状況確認や、原因解明、解決などはさておき、まずは共感してあげることが大切です。
女性とのコミュニケーションの基本は何よりも「共感」なのだ、と考えることが女性との会話をうまくいくための大前提なのです。

女性との会話を盛り上げるためには面白い話をしなければならないと考える人がいますが、実はそれは間違いです。
女性が求めているのは「面白い話」ではなく、「楽しい会話」なのです。
楽しい会話:主役は相手・笑顔が絶えない・たわいのない話・話し手は相手・会話を広げられる・聞き上手である

面白い話:主役は自分・「笑い」絶えない・すべらない話・話し手は自分・面白いボケができる・面白い話し方ができる

「楽しい会話」は相手がニコニコしながらついつい喋ってしまう・・そんなイメージです。まずは、「聞き上手」になりましょう。

具体的にどうすればいいのか

女性の嫌がる会話をしないこと
・自慢話
・求められていないのに教える
・批判する

会話を広げる
・話のきっかけを作る
・質問を繰り返す
・連想して別の話題に移る

1)目の前のことに対する感想を話す
目の前のお店・出てきた料理・天気に気温など、五感で感じるもの全てが話のきっかけの対象になります。
言葉にすると相手も反応してくれて、それに対する感想や、関連した質問をしてくれたりします。
どんな感想でも会話のきっかけになります。

2)相手をピンポイントで褒める
褒めるとそこから女性の方から話してくれます。
話してくれない場合でも、関連した質問をすれば会話がスタートします。

3)最近の出来事を伝える
最近の出来事がいい話のきっかけとなります。

4)相手に興味を持つ
質問において最も大切なことは「相手に興味を持つ」という姿勢です。
相手のことをもっと知りたいという姿勢さえあれば質問は自然と後から出てきます。

5)連想して別の話題の質問をする
一つの話題ばかりで会話をしているとさすがに質問が尽きるようになりま
す。そんな時のポイントが「連想して別の質問をする」です。

「今日は寒いねー」
(連想:寒いといえば冬)→「もう冬だね、寒さには強いほう?」

連想のコツは話の情景を頭で浮かべることです。

聞き上手」になれればさらに楽しい会話ができる
会話のテクニックさえ身につければ会話を続けることができます。
しかし、それだけでは「楽しい会話」にはなりません。

楽しい会話のためには「聞き上手」なるよう意識しましょう。
・あいづちを打つ
・リアクションを大きくとる
・オウム返しをする
・楽しそうにする
これらは、「共感」と重なる部分もあります。

女性は共感を好むという性質から「相手のことを知る」より「自分のことを
知ってもらう」ことを好む傾向があります。

そのため聞き上手になれれば共感されると嬉しいという女心を満たすことができるようになるので、自然と女性の会話の満足度は高まり、「楽しい会話」と感じるようになるのです。