婚活に失敗する人の特徴

婚活で早めに結婚相手が見つかることはまれです。早めに終わらせたいのが婚活。

それでは、婚活が思ったより長い時間が続いてしまう人、希望の人がなかなか見つからない人など、婚活に失敗してしまう人はいったいどんな点でダメなのでしょうか。

1.相手に高望みし過ぎる
結婚相手の条件を挙げればいくらでもあげられます。

「職業」「年収」「学歴」「身長」「容姿」「親と同居しない」など

しかし理想とする条件が多いほど結婚相手に出会える確率はどんどん低くなっていきます。
そうかといって全く理想の条件を下げ、妥協して結婚するとあとに後悔します。

自分が本当に結婚相手として求める条件をもう一度考えましょう。
おそらく、「自分にはここまでの条件は欠かせない」といったところまで絞られてくると思います。

この発見があなたの婚活を失敗しないようにするためには大切です。

2.消極的すぎる人
婚活する人の中には、「今まで一度も異性と交際したことがない」、「恋愛はどうも苦手だ」、「自分に自信がない」と思っているために、どうしても内気で消極的になってしまう人がいます。

自分の理想の人が見つかっても積極的に行動がとれないのではもったいないです。アプローチするのに恥ずかしいとか自信がないと思う気持ちは誰にでもあることです。婚活に成功する人はそれを乗り越えていくのです。

待っていても相手はきません。いつも受け身だと相手の男性は自分のこと好きではないのかな?と勘違いされてしまします。

消極的すぎるかなと思われる人は、結婚相談所の中には、「コミュニケーション力アップ講座」や「自分磨きの講座」などを行って婚活をサポートしてところがあります。このような講座やセミナーを活用するのもよいかと思います。

3.一つの婚活手段しか使わない人
婚活するにはいろいろな方法があります。
「婚活パーテイ」、「合コン」、「お見合い」、「結婚相談所に入会」など

いろいろ多すぎて、これらの中の一つだけしか使わない人は出会いのチャンスが少なく、理想の相手にめぐり合える確率も低くなります。

複数の結婚相談所に入会しなくても、多くの出会いの場があります。
多くの出会いの場に参加して多くの異性とお話して、条件に合う相手を見つけましょう。

婚活はお金が掛かります。しかし、短期間にたくさんの異性と交流すれば、長い期間一つの婚活手段で活動するよりも相手が見つかる可能性は高くなります。

4.相手に求める条件がない
婚活に失敗する人の中に、相手に高望みし過ぎることが原因に挙げられることもありますが、反対にどういう人がいいのか?明確になっていない人も危険です。「どんな人でもいいです・・・」というような人は、どんな人と会ってもなかなか「ピン」ときません。そのため、相手から積極的にアプローチがない限りうまくいかず、いつまでも終わりなき婚活が続くようになります。