結婚相談所ってそれぞれ何が違うの?

まず結婚相談所は、「結婚情報サービス型」と「連盟・仲人型」の2つのタイプに分けられます。
一概に結婚相談所サービスと言っても、この2つのタイプでは特長や活動の仕方が大きく異なります。
自分に最も合った結婚相談所を見つけられるように、それぞれの違いについて紹介します。

結婚情報サービス型と連盟・仲人型の違いは?

結婚情報サービス型の結婚相談所の中でも、
マッチング型検索型の2つのサービスに分かれます。
マッチング型はそれぞれの条件に合う相手を機械で検索してマッチングするやり方
検索型は、会員データベースから自身で検索をして好みの異性にお申込みをするやり方
この2つのやり方があります。
大手結婚相談所はこの2つのどちらかもしくは両方ができるところが大半です。
また、会員数や会員属性は相談所によって異なります。
またマッチングの連絡先交換や、直接会うか否かは双方の自己管理となります。アドバイザーが間に入りセッティングしてくれるわけではなく、
情報を受けとる以外は、全て自分で手続きを行わなければなりません。あくまでも出会いの機会と結婚相手の情報提供を行う事が目的になるため、
強い活動意欲が成婚への近道となります。

連盟・仲人型とは、結婚情報サービス型に比べると小規模の結婚相談所が多くあります。。主にフランチャイズ傘下や大きな連盟に加盟しているケースが多く、そのネットワーク内の会員情報をシェアしている結婚相談所になります。

連盟・仲人型のシステム
それぞれの相談所の会員数は数名~数千名とかなり幅がありますが、ネットワークを共有しているため紹介できる会員数は大手結婚相談所より多くなります。
主に、ご自身で検索をするか、アドバイザーと一緒に相手を探し、自分が気にいった相手に申込みをして、良い返事を受け取った場合はメールのやり取りではなく、お見合いが成立します。
お見合いをした翌日には交際意思の伝達を仲人に報告します。
連盟・仲人型は、各相談所によってサービスや料金システムが異なり、成婚率等のクオリティも様々なため比較をするのが難しですが、
入会金やその他費用は結婚情報サービス型と比較すると低価格帯のところが多いです。ただ、相談所によっては成婚料が別にかかってくる場合があります。

相談所によっては、アドバイザーのフォローを受けながら「結婚相手を紹介してもらう」といった色合いが濃いため、
短期間での成婚へ導くのは結婚相談所アドバイザーの腕次第となります。お見合い交渉から、立会い、お見合い後の交際意志の伝達や交際中のアドバイス等、
個別に面倒を見てくれるケースも多々ありますが、仲人さんとの相性が悪いと婚活がうまくいかない場合もあります。

ぜひ当サイトでご自身にあった相談所を探してみて下さい。