結婚相談所の形態はいろいろ

全国には数多くの結婚相談所が存在してます。これらの結婚相談所は、個人事業主・中小規模会社・会員数万人の大手会社・市役所や村役場が運営と、大小さまざまな形態で結婚相談所事業を行なってます。

Ι 個人事業主:店舗を構えている事業主もありますが、自宅を事務所として活動しているケースが多いです。代表一人もしくは、従業員1~2名で運営してますが、多くの個人事業主が大手ブライダル連盟に加盟しています。複数の連盟に加盟すると大手結婚相談所より会員数が多くなることもあります。
「大手連盟のシステムを利用して自分でお相手を探す」(結婚情報サービス型)と「仲人がお相手を紹介してくれる」(連盟・仲人型)があります。

「結婚情報サービス型」だけのサービスを提供している事業主と「結婚情報サービス型」+「連盟・仲型」両方のサービスを提供する事業主があります。

Ι 中小規模の会社個人事業主よりスタッフが多く、会社組織で運営してます。比較的駅近くの交通の便が良いところに事務所があります。ほとんどの会社が大手ブライダル連盟に加盟して、中には複数の連盟に加盟している会社もあります。連盟主催の婚活パーティー以外にも自社で婚活パーティーや婚活セミナーを開催している会社も多くあります。

Ι 大手相談所:大手相談所は、自ら会員を募集し、会員数数万名で全国展開で運営しています。会員は会社独自のインターネットシステムを利用して全国の会員の中から理想のお相手を探すことが可能です。「結婚情報サービス型」と「理想のお相手を紹介」するシステムを採り、スタッフが成婚までサポートします。

Ι 自治体相談所:市役所や村・町役場の自治体が、地域活性化のために結婚支援しています。
自治体の相談所も、大手ブライダル連盟に加盟して連盟のシステムを利用して婚活ができるようにしているところが多いです。自治体ですので料金体系は比較的安めに設定してます。